朝霧のガン

20/10/15

道内いきなり冷え冷えですね、氷点下の地点が7箇所もあります

高い峠の道は凍ってもおかしくない気温ですね

いよいよ冬が近い感じになってきました

日本海には筋状の雲が発生していますから、予想通りの寒気が流れてきているのでしょうか

 

冷えた朝はコムケも朝霧に包まれるのですけど、太陽が昇るとほぼ同時に消えてしまいます

なので写真にするのはなかなか大変です

まさに時間との戦いになりますね

 

昨日は鉄道の日でした

同時に来年春のダイヤ改正が発表されましたが、特急の減便が予定されているようです

特に石北線はひどくなる感じ

利用の少ない普通列車も減便するらしいですから、ますます鉄道が使えなくなるなあー

鉄道好きの私としては寂しい限りですけど、この頃全然利用してませんからね

写真撮りに行こうかな?

 

ハクチョウはどのくらい到着しているのかな

土曜はコムケに行けないのは残念ですね

 

DATE


光る午後・2

20/10/14

今朝はさほど冷えていませんが、夜から急激に気温が下がるのでしょうか

高い峠は雪予想ですけど、標高700mの峠はどうなんだろう

16日は早朝峠越えの予定あり、冬タイヤへの交換は必要かな?

17日は標高800m辺りで渡りの調査予定してます

 

先日と同じような風景です

よく見ると写っている鳥が違うのですよー

中央右がヘラサギなんですが、嘴をもう少し何とかしてヘラに写したかったのでした

うーん、修行が足りないなあー

 

昨夜は夜中に目が覚めたので日本代表のサッカーを見ていました

(いつも眠りが浅く夜中に目が覚めるのも時々はラッキー?)

なので今朝は眠たいです

 

DATE


ガンの塒立

20/10/13

夜中に前線に伴う雨、気温は高めです

週の後半は低温予想ですけど、峠に雪は降るのでしょうか

 

今シーズンのガンは塒が2箇所です

ひとつは100羽に満たない小さな群れで共和B、これがよく分かっていません

と言うのも夜明け前にカウントして別の場所に移動して戻ると、既に何処かーですから

もうひとつの塒は秋平川の河口

こちらの群れは大きく今は2000羽規模、ヒシクイ、マガン混在です

 

いつもの年なら、陽の昇る直前に採食の為にほとんどが塒立ちしてしまうのですが

今年はのんびりしてるのか何なのか、飛んでいく時刻が遅い

なのでカウントもちゃんとできるし、眺めていられるのでこうして写真も撮れます

まあ、いい写真を撮れるかどうかは別物ですけどねー

 

ガンの塒立ちは壮観です

 

今朝の新聞を読むと、なんかため息しか出てこないね

生きて行くのには色々必要ですけど、きれいごとだけではやっていけないのですけど

人間だけが生きて行けばいい訳ではなく、先進国の人間だけが快適になればいい訳でもない

世界と地球は一つですからね

私が能天気なだけかなあ〜

本読まないとね

 

DATE


光る午後

20/10/12

いい朝だなあ――

コムケまで眺めに走りたくなりますね

 

太陽が随分と低くなってきたので、こんな風景も楽に見られるようになってきました

 

光であふれた水面に群れるダイサギたちです

写真を撮る前にはもっとたくさんいたのですけど、撮る直前にオジロワシがやって来た

ダイサギの群れは散りじり

戻ってくるまで待っていましたがこれしか戻らず、オジロワシうらめしです

 

サンゴソウが一気に色を失い始めた感があります

昨日は群落近くに久しぶりにタンチョウがいました

 

今週は雨が降るようですね

いよいよサンゴソウのシーズン終了でしょうか

今週末は色々予定が入っていて時間管理をちゃんとしないと、出来ることも出来ないのです

 

DATE

 


ハクチョウ到着

20/10/11

オオハクチョウが来ていました

前日はもう少し大きな群れがいたようですが、今はすぐに移動してしまいます

 

いつもの観察地点に来るとタンチョウもいました

ヒシクイとマガンが塒を取っていた

時間が過ぎて行くとハクチョウたちを朝の太陽がほんのりオレンジ色に染めました

ああ、なんて贅沢な風景だろう

こんな朝がコムケで迎えられるようになったのですね

 

そろそろハマシギの群れも入って来ていい筈なんですけど、昨日はたった1羽

今シーズンはハマシギも良くないのかな?

 

今朝は昨日ほどの冷え込みではないようです

霜は降りませんね

 

さてさてコムケに向かいます

 

DATE

 


周氷河地形

20/10/10

全道冷え冷えの朝ですね

5時のアメダス値では氷点下の地点がいくつになるだろうか?今はまだ一つ

山には今日出掛けるのが正解だったのかも知れませんね、風が弱くなったはずです

でも西から雲が流れてきているのは???

 

「周氷河地形」ご存知でしょうか?

宗谷岬の周氷河地形群が北海道遺産に指定されていて有名です

寒冷地特有の地形で上空から見るとよく分かるのです

まあ、あまり興味も関心も持たれない風景だろうか

私はこういう風景もとても関心があって、好きなのですけどね

この辺りだと雄武の北を走ると周氷河地形だなあーと感じる

 

私はコムケ周辺でも見られると思っていて、この場所なんかがそんな感じ

ただ、草地になってしまったりと改変が進んでいるので、気が付かないのだと思う

 

ま、それだけの話です

 

 

教えてくれたのは、このカワセミ君でした

と言うのはウソです

 

カワセミが随分近くまで寄せてくれました、5mくらいかな?

カワセミの為に立ててある木杭も、何もとまっていないことが多くなりました

この兄弟たちも既に移動したのもいるかな

もうすぐこの個体も南下するでしょう

 

コムケの気温は6度くらいなので霜は降りていないだろうなあ

ハクチョウはまだなのだろうかー

 

DATE


白い世界

20/10/09

 

2019.5m(四捨五入すれば「2020」つまり標高が今年です)の緑岳の頂上です

風速10m超、最大瞬間風速は15m超

こうして風に向かって写真を撮っていると、瞬く間に身体が冷えてゆく

防風手袋もこの風では用をなさず、手も冷たく悴んでくる

風を避けるには小さすぎる頂上ケルンに命は託せず、ここの滞在は10分が限界だった

 

写真は左が旭岳、右が白雲岳

この風の中、白雲岳に向かった人が何人かいたけど大丈夫だったかな?

白雲岳の頂上の風は、想像できる風ではないだろうに

 

昨夜から山に向かって居ました

登山口で車中泊、夜中降っていた雨の水滴は屋根で凍っていました

それでも全然寒くない、と言う印象でしたね

 

山はもう冬なんですね

今日で高原温泉沼巡りコースは終了で、温泉までの道路も11日夕方にはゲートが閉じる

 

アトリが飛んでましたね

マミチャジナイを大雪山で初めて見ました

 

明日は夜明け前からコムケです

 

DATE

 


カラスの食事

20/10/07

ニペソツ山の麓の糠平温泉が1度台ですね

ここより標高の高い登山口辺りは氷点下になってるのかな

霜が降りる気温ですから、紅葉が真っ白になっているでしょうか

明日はそんな風景を期待しているのですけど、どうでしょう

コムケもそろそろ初霜が観測されてもいい頃ですが、今年は秋の低温が遅れてる感じです

 

9月末の大時化で海岸にホタテが随分と漂着したようです

運良く拾った人はいるのかな?砂の処理が面倒ですけど自然からの贈り物ですよね

ハシブトガラスが器用にホタテ貝を開いて中身を食べていました

砂が付いてひどい感じですが、砂浜では当然で、カラスには当たり前なんでしょうね

貝柱を食べた後、耳も食べるのでしょうけどそれは他のカラスに捕らえてしまった

 

カラスは警戒心がとても強くて、こうして食事風景を撮らせてくれるなんて奇跡的です

嫌われ者のカラスですけど、自然界では優れた掃除屋さんなんです

カラスがこうして漂着した貝や魚などを食べてくれるから、海岸が綺麗なんですよね

街中でゴミを荒らされる、と怒る人がいますけど、カラスは綺麗にしてくれようと思ってるのです

 

仕事から帰る途中のナナカマドにハクセキレイが塒を取っているのですけど

昨日は1羽しか確認できなかった

鳥たちは季節を感じ、確実に動いているのです

 

DATE

 


月とガン

20/10/07

昨日北海道各地1500m級の山々に雪が降ったようですけど、さほど冷えてない朝です

暑寒別岳が白くなったとラジオがしゃべっていたのですが

そうなると200m高くもっと北の秀峰利尻山は当然上半分真っ白になっているのだろうなあー

だだっ広い冬枯れが始まったサロベツ湿原から眺めたいなあ

ひんやりした空気の中、コーヒーを飲みながら眺めるのは贅沢以外の何物でもないよなあー

 

先日のカワセミ川河口の朝、ガンが塒を取っていました

雲間に月が見えていたので、採食に向かう群れが正面から飛んで来るのを期待しました

結果は残念だったのですけどねー

 

今朝の道新の遠紋版にコムケのサンゴソウが載っていましたね

全道版には白雲岳避難小屋が完成したとの記事もありました

週末はこの小屋を見に登る予定です

 

今週は写真が沢山あって紹介しきれないなあー

 

DATE

 


色付く秋

20/10/06

なんか寒さが足りない朝だなあー

層雲峡では雨が降っているようですね、5mmだから結構な雨

予想では今週末は晴れるみたいなので山には行けそうです

新しく出来た避難小屋を見て来られるかな

 

山の紅葉はどの辺りまで降りてきているのでしょう?

コムケの紅葉も始まっています

サンゴソウはそろそろピーク過ぎになりますけど

海浜草原でハマナスが紅葉し始めました

紅い実が彩を添えている

道端ではナワシロイチゴの葉が真っ紅になっているのがありますね

 

湖畔ではカンタンの声が寂しげです

 

DATE


<< | 2/541PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM