流氷接岸発表

19/02/13

昨日ようやく紋別で流氷接岸が発表されました

もっと早くに発表してもよかったと思うのは私だけだろうか

視界内の海の8割が氷におおわれた状態になったのが接岸だからね

 

写真は11日に行われた流氷遠足、参加者は70名ほどでした(年々少なくなります)

今年は着いた海岸は密接度1の流氷の海で、すこし沖にわずかな海水面

そこにシノリガモなど20羽ほどいたのです

スコープがなかったけど、カモだと判る距離だったから解説に使えてよかったです

この日は6種の鳥が見られ、そのうちの3種がRDB記載種でした

 

2/18のシンポの中での私の発表は、11時過ぎから20分の予定です

12時には終了予定です

当日はTV中継はないですが、誰かユーチューブにアップしてくれないかな?

私はその辺疎いので無理ですが、出来る人はいるのでしょうか?

 

この前から思っているのですけど、やっぱり動画を見せたいなーと

鳥の一連の動きを見てほしいですよねー

 

DATE

 


何時でもカラスは邪魔をする

19/02/12

今朝も十勝の内陸は冷え込んでいるようです

30度には届かないだろうけど、26度にはなるでしょうか

いいですね冷え冷えの朝、色んなものが美しく見える

 

鳥がいなくて風景写真ばかりのコムケブログです

この写真も実は日の出岬で撮ったものです

いいシーンがあったのですが、真白なバックでは露出が難しくて(言い訳ですが)

岬からは遥か遠く、識別ぎりぎり距離の氷海の中にウミガラスとケイマフリが見られました

とても久しぶりに見たのでコーフンして見てました

 

オジロワシが目の前で何度もシノリガモを捕ろうとするのですが、うまくいかず

おまけに纏わりつくカラスが鬱陶しかったろうなあ

 

DATE

 


厳寒・3

19/02/11

昨日はよく晴れた午前中でした、青空が美しい日でした

でも何故か午後は雲が空を覆った

なんかこの頃は一日晴れているというのはナカナカないですね

空が湿っぽい感じがしてしまう、昔と何がどう違うのだろう

 

9日の朝の写真です

本当にホントーに久しぶりに氷の上に咲いた霜の華を見ました

湖口の氷上一面に咲いていました

 

この日はやっぱり寒かったのですね

冷気がしみて出た涙がメガネのレンズで凍ったし(これも久しぶり)

空気を吸い込んだら鼻毛が凍った感じだったし

昼はこれまた久しぶりーーに凍ったコーラを飲んだ

 

今日は流氷遠足、冬の海岸を子供たちと歩くのです

私は自然の解説をするのですが、今年は鳥もいないのでネタがまるでありません

コマッタなあー・・・

 

DATE

 


厳寒・2

19/02/10

昨朝は氷点下30度超えが4地点でしたね

今朝は30度まで下がることはないような今の気温です

30度くらいの寒さが4,5日続くと、15度くらいの朝が温かく感じられる

 

コムケは何度になったのだろう

6:31に小向のアメダス値で23.9度になっていたからそれなりに寒かったはずだけど

体感はそうでもなかったなあー

視覚的に寒い物が見えていなかった、樹氷が全然出来てなかったのです

そんな中で極寒を写真でお伝えするのは難しい、少なくとも私の腕ではとても

 

写真はコムケ湖口付近

海岸に氷晶が打ちあがり堆積してます

水平線の上には形が変わった知床の山々、蜃気楼ですね

 

海面を見てください

底が透けて見える様な薄い蓮葉氷が浮いてます

波が全くない海です、こんな薄い氷が漂うことが出来る、沖に流氷があるということ

海面から水蒸気が上がってるのも判ります

こんな朝は四角い太陽を期待しましたが、残念、海別岳から昇ったのでした

 

今朝は少し遠くまで朝を眺めに行きます

 

DATE

 

 

 


厳寒

19/02/09

すこし騒ぎ過ぎだと思うけど?

観測史上最強の寒気だそうで、確かに寒いですよ

でも以前はこのくらいの気温の日はいくらでもあった筈ですよね

1977年だけな?私はその時名寄にいたのですけど、30度が1週間続きましたからね

今なら事件として扱われそうですね

 

4時のアメダスでは陸別が29.9なので5時には30度になるかな?

コムケは20度ぎりぎりの処でしょうかね、隣の湧別町が24度くらいなのです

今日はその湧別方面に調査に行く予定ですがどうしよう

気温が低いのは何とかなるのですが、風が強いと命の危険があるかも

 

ま、とりあえずこんな朝にはめったに出会えないからね

眺めに行こう

 

写真はオオワシ

氷泥の中に魚があるらしい?それを捕っていました

 

DATE

 

 

 


真冬の紅色

19/02/08

昨夜から3cmほどの降雪あり、後でさっと除雪しよう

昨日の雪は除雪車が入る基準以下だったのか、街中の道路はひどかったなあー

お金のかかることだから仕方ないのかもしれないけどね

 

昨夜漸く18日のパワポ完成しました

後は細部を調整するだけなんですが、これがね結構時間かかるのです

文章の体裁整えたり、アニメーションの色々だとか、ま今回はこれでやろう

でも、今回の発表は重要なのです

コムケをもっと市民に知ってもらいたいと願う意味もあるのです

 

干からびたハマナスの実

でもこれはハマナスではないようです、コハマナスかな

形が違いますね?

それに枝にある冬芽がこんなに紅い

右側の空間にもっと雪が降ってる様子を映したかったのですが、残念でした

 

明日のブログの写真、あるだろうか・・・

 

DATE

 

 


菜食

19/02/07

起きて見ると積雪あり

ふわふわの雪が積もってます

あとで除雪しないとね

すこしならしなくてもいいと思うのですが、凸凹になってしまうのですよねー

 

少し古い写真なのですが、ニワトコの新芽?を食べるハシブトガラです

純粋に新芽(植物体)を食べているのか

そこについていた何かを食べる時に、意図しないで嘴についているのかは不明ですが

 

2/17から紋別ではシンポジウムが始まります(流氷祭りは明日から)

18日の午前のワークショップで私の発表があります

「コムケ湖のレッドリストの鳥たち」20分の短時間ですが中身は濃いですよー?

ただいまパワーポイントの作成にかかりきりです、時間が全然足りません

完成危うい?

時間の都合のつく方は見に来てください(聴きにではなくて見にです)

 

3連休は調査が2日間と行事が半日あります

身体が一つでは全然足りないこの頃です

 

DATE

 


開水面0%のコムケ

19/02/06

寒暖の差が日によっても、一日の中でも激しいです

まだ道路の雪が解ける時期には早い筈ですが、なぜかシャーベットアイスになる

それが朝の冷え込みでがちがちに凍ると、ガタガタの道で滑るのでよね

 

3日の午後遅くにコムケ湖口にわずかに残っていた開水面が氷泥で覆われました

海上に漂っていたのが流入したのです

少ないカモたちはこれを嫌って、海上に逃げました

湖口には氷上で寝るオオハクチョウと呑気なオオワシがいただけでした

 

まあこれは一時的なものなんですが、2月のこんな早い時期に見たのは久しぶり?

ちょっと感慨深かった

 

DATE

 


ヒメハジロの日曜

19/02/05

強風です

しかも西風

流氷がどんどん遠くなります

私の根拠のない予想が現実にならないことを祈ります

 

日曜日は能取岬での調査を早めに終えて、コムケに戻りました

岬は昨日の写真のような氷泥が岬周辺の海を埋めていて、カモは遥か遠くで識別不能

調査の予定は1月末でしたが荒天だったので先送りしたら、残念な結果です

今度の土日はまた別な場所での年に一度の調査があるのですが、出来るのかなあー

もう何十年も続けている調査なので、欠側は困るなあー

 

日曜の午後は風も弱く日差しも温かく穏やかでした

海だけは波高くゴウゴウとうるさいくらいで、氷晶を集めて寄せていたのです

それが湖内にどんどんと流れてきていました

カモたちはそれが苦手なようで、あたふたしていたように見えたのです

勿論ヒメハジロも

突然飛んで別な場所に移動、もしかしてあそこからなら近くで撮れるかも?

 

撮れました

ただ残念なことに逆光でした、しかも周りは真っ白で、露出が難しかった

 

DATE

 


密接度1〜3

19/02/04

立春です

今日は光あふれる春を感じることが出来ないようです、曇だねきっと

 

私の、根拠のない予想を裏切って先週接岸コムケ海岸に接岸した流氷は

概況図を見ると、先週の強い西風に流されて沖合遥か遠くのようです

更に概況図を分析すると(専門家ではありませんが)密接度の高い部分は全然少ない

レーダー性能がよくなったのか?思うくらい、昔と全然違う図が描かれている

いかにも流氷らしい厚い流氷が分布する面積がとても少ないです

 

写真は昨日の午後のコムケ海岸

もう少し高い処から撮りたかった(ドローンがあれば・・・)のですが

右半分が白い海、氷晶が集まって雪のようになっている

これで冷えるとすぐに流氷が誕生するのです

左半分は青いけど、よく見ると氷晶が漂ってはいるのだろうけど密度が低いのです

これが密接度1〜3と評価される海です

 

海上に鳥を探してたけど何も見つけられなかった・・・

 

DATE

 


<< | 2/468PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM