行き掛けの駄賃シリーズ・4

20/10/17

昨日は夜明け前に峠を目指して走ってました

峠の道路上には雪はなかったものの、脇にはしっかり雪が残っていました

前日無理して冬タイヤに交換して来て安心でした

 

旭川に向かう道路と並走する石北線に気動車が走っているのが見えました

以前から撮りたい場所があったので、スピードアップして先回りし、そこで待つことにしました

いいシーンでしょう?

石狩川を渡る石北線の気動車です

もう少し紅葉が進んでいたら良かったのですが・・・

 

 

そして今朝は層雲峡の奥でハクチョウが飛んで来るのを待っていました(コムケ経由の群です)

4時間近く見ていましたが、残念ながら見ることは叶いませんでした

うーん?運がないのかなあ―?

この辺りは標高800mくらい

シラカバの黄葉が今が盛りで美しかったです

正面の山は忠別岳だと思います、もう本当に真っ白で、山頂は厳冬だろうなあー

 

でもここで、ベニマシコの声が聴けたのです

果たして付近に生息する環境あるかなあ―?

それとも渡りの個体なのかなあー??

また一つ解らないことが増えました

 

DATE


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM