冬の黄昏

19/12/16

道東が冷えてます

それでも氷点下15度くらいでしょうか

先週は平年比より高い気温が続いていてコムケの結氷は進まなかったようです

加えて強風の日があったので水面の氷が波で砕かれ寄せられ、開水面が広がりました

もうひとつ結氷が進まない理由は、波浪です

海が時化るとコムケには海岸方向からの浸透水が多量に入り込むようなのですね

言葉で説明するのは難しいですけど、コムケに来てみたらすぐに理解できます

 

土曜日は穏やかな日でした

のんびりとシブノツナイ湖畔を歩いていたら、聴きなれない音?

???と耳を澄ましていたら、解りました

気温上昇で湖面の氷が膨張?し、割れる?時に発する音のようでした

こればかりは写真に写せないんですよねー

やっぱり歩くことは大切だと、予期せぬものに出会えるのだと改めて思いました

 

昨日は午後遅くにコムケに行って来ました

吹雪の後のコムケは強風で、海は大時化、雪を巻き上げて走ってきました

ここでも思わぬものが見られました

その写真は今週お見せできるでしょう

やっぱり行かないと何も解りませんねー

 

DATE

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM