黄昏時の南下

19/11/06

夜明け前に通り雨があったけど、東の空は明るい

昨日のニュースの関心事は、アメリカのパリ協定離脱だった

「不公平」かあー

本当にそう言ったのかな?

発言の脈絡の中で使ったのだろうけど、うーん残念な言葉だと思う

午前3時の天気図には台風23号が登場していて、なんと905HP、信じられない気圧です

自然災害が日常化してしまう心配と不安が大きくなります

近くで目に見える被害は対処が出来るのかもしれませんが、遠くのものは想像力が必要です

 

11/3の黄昏時のコムケ

いくつかのハクチョウの小群が湖を飛び立っていきました

群は上空を旋回しながら高度を上げていきます

写真では左の雲の上に15羽の群が見えています

これで高度は300mくらいでしょうか

三角山を右に見ながら群は南に向かって飛んで行きました

あの位置からハクチョウたちには何が見えているのだろうか

恐らくこの群は大雪山の最低コルを越えて行く

そこは1500mより高い

 

私は地図を眺めながらハクチョウたちの姿を想像する

そこには人の感傷など入る余地はないのだろうと思う

 

DATE

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM