ハヤブサ

19/09/25

紅い朝です

焼けてる反対側の空はなんか湿っぽい雲が見えるなあー

 

今秋のコムケは猛禽類がいい感じです

行く度にハヤブサ、オオタカ、ハイタカ、チュウヒに出会っています

先日はコムケでは珍しいノスリが出現しました、しかも2羽ですよ

採る獲物はだいたい決まっているようなので、それが解れば何処で見ていたらいいかも解る

 

写真は空を見上げるハヤブサの幼鳥

雨が恨めしかったのか、上空を何かが飛んでいたのか

 

 

そしてもう一枚は、多分カラスを捕ったのだろうと思います

ヒシクイを見ていた時に飛んで来たのですが、気が付いた時にはこんなのしか撮れず

持っている獲物の嘴がカラスですよね?

 

コムケで猛禽に出会うコツのひとつは観察に時間をかけること

ひたすらに待つことが大切です(自然相手はなんでもそうですけどね)

先日はヒシクイをカウントしながら4時間同じ場所から見ていました

それで見られたのが上記4種に加えてノスリとオジロワシでした

楽しかったです

 

DATE

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM