美しい朝なのに

19/07/23

今頃の季節に多い湿っぽい夜が明ける朝は、コムケは一面の霧で白い朝になるのだけど

霧が出る場所はいつもだいたい決まっているのですが、ぼやぼやしていると時間ばかりが過ぎる

霧に覆われた風景は幻想的で美しいのだけど、撮りきれない私が気が付いた時には

既に白い朝は終わりに近づいているのです

なので、いつもいつもため息ばかりです

こんな風に霧が流れるのはこの場所だけなのですが、撮りきれないんだよなあー

私のイメージが貧困過ぎるね、想像力がないですよね

 

言い訳をすると

手前にいるアオサギは車を降りると逃げてしまったりするので、細心の注意が必要なのです

風景の切り取り方が下手なんだけど、三角山との位置関係がもう少し何とかなってほしい

・・・文句でした、反省

 

山関係の人はこのブログは見ないだろうけど山の話

今年は降雪量が少なかった割には残雪が多い感じがします

6月が寒かったからなのか、お花の開花は遅れ気味でした

それから、新鮮なクマの堀跡が稜線部にあった

自然がいつもと違う状態なのかもしれませんね

ここ何年かは湿っぽい山の天気ばかりの時に出会ってます

運がありませんね

 

DATE


コメント
広い広い静かな静かな自然の中で悠々と過ごしているアオサギさんを見ているだけで、贅沢な感じに思えてきます。
  • ダー
  • 2019/07/27 9:06 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM