春を歌う

19/02/22

昨日の夕刊に温暖化による初の哺乳類の絶滅か、と言う記事がありました

温暖化と言う言葉が聞かれて久しいですが(提唱した?学者も亡くなりましたね)

人は直接的に影響がないからなのか、相変わらずのほほ〜んと暮らしているような?

「温暖化」でまさに影響を受けるオホーツクなのに、わが町紋別は何かに取り組んでいるのかな

「アイドリングストップ」宣言くらいしてもいいと思うのだけど、新しいガリンコ号を作る話ばかり

流氷が見られなくなるという現実が、すぐそこに見えていると思うのは私だけなんだろうか

閾値を越えるともう元には戻れない、のに・・・

 

・・・愚痴ってしまいました

 

林の中に入るとカラたちの歌が聞こえるようになりました

立春の頃にはぐぜりと言うよりもっとか細かった声は、春を呼ぶ大きな歌になりつつあります

寒い寒いばかりの人間は、何も感じることが出来なくなっているような気がする

鳥たちは敏感にそれを感じ取り、身体全体で喜びを表しているというのに

 

DATE

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM