共和橋まで行けなかった朝

19/02/03

4時、起きてすぐに出かけたのでこんな時間に更新です

 

今日は能取岬に調査に行って来ました

日の出に十分間に合ったのですけど、残念ながら知床の山々は見えず

氷泥が流れ漂う饒舌な海は、寡黙な北風が沈黙させた

それでも海はそれに抗い、大きな波を返すのだった

日の出前から随分とたくさんのワシが飛んでいたのだけど

私が観察を始めるとパタリと動きが止まった、なんでー?

あ、この話はこれでおしまいにしよう

 

昨日の朝、夜中中吹き続けた風はコムケへの道を閉ざしていました

国道から左に曲がって300mで車はアウト

共和橋まで歩くには少し遠すぎるし、ここに車を置くわけにもいかなかった(除雪が入る)

そこから撮った朝がこの風景

右上に木星、真中に金星、そして月

 

丘を通って湖口に向かったら、丘を降りたところで吹き溜まりが道を塞いでました

来た道を引き返してやっと着いた湖口は、強風でした

 

DATE

 


コメント
氷泥が流れ漂う饒舌な海
寡黙な北風
それでも海はそれに抗い、大きな波を返すのだった

荒々しくも美しい岬の日の出風景が詩情豊かに表現されています
絵で見てみたいです
  • 2019/02/04 10:30 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM