光る午後


18/11/08

 

冬の近づくコムケの午後

すでに低くなった太陽の光が水面に踊っていた向こうに、タンチョウの親子がいた

あと一か月もしないうちに越冬地に旅立っていく

この家族の越冬地を私は知らないけれど、無事にたどり着いてほしいと願う

その為にはここでたくさん食べて、移動の体力と越冬の体力を付けることが理想です

 

まだ平地で雪のない北海道

コムケの風景を変えるのは何時だろうか

まだ白い風景を見たことのないタンチョウの幼鳥はどんな思いでその風景を見るのだろう

 

DATE

 

 

 

 


コメント
いつも素敵な景色をありがとうございます。
タンチョウの親子、いいですね。

人も、不調の時は無理をしないで睡眠と栄養を十分に
取って、来るべき冬に備えて下さいね。
  • ラビ
  • 2018/11/08 12:45 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM