夜明け前の月

18/11/06

 

どうも私の付けるタイトルは解説的で面白くないですね

写真は付いてるタイトルによって先入観で見てしまう感じがしてしまいます

ある写真家は、キャプションのない写真を、と言っていましたが

先入観なしで、その人の感性で写真を感じて欲しいということでしょうか

でも、それは私の写真レベルではとても難しいことのように思います

 

11/4の夜明け前です

大地と空の境目から朝の色は、まだ十分に天頂までは達せず、そこは夜の領域でした

私の理想を言えば、月があと15度低いところにあってほしかった

そうすればそう少しわかりやすい写真にすることが出来たのです

 

 

ズームするとこんな風景が見えてきます

左は海別岳、右上に金星が輝いていた

地上の光は湖口橋とサケ釣り人の車の明かり、右に鎮座するのは秀峰斜里岳

コムケの水面がかすかに空を映して見えてます

 

この朝は少し時間をかけて写真を撮っていました、と言っても5分くらい

それがその後のカウントに影響が出ました

ヒシクイの群がカウント前に飛んでしまいました

更に最悪だったのはーー、飛んで行った草地が解らなかったのです

この日ガンの記録は取れずに終わってしまいました

う〜ん、うまくいかないなあー

 

DATE

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM