黄昏のデントコーン畑

18/10/24

タンチョウのファミリーが人の目につくようになってきました

過去の行動パターンからは予想はしていましたが、今年は少し遅かった感じ

一日の行動もだいたい同じような感じです

でもこれが観察者にはわかりやすいけど、ある意味問題です 

 

タンチョウと言う鳥は縄張りを持つ鳥なんです

なので自分の縄張りと思っている処に他のタンチョウが入ると排除すのです

このファミリーの場合それが半端ではないようなのです

私は他の地域では冬にしかタンチョウを見ていないので解らないので

知人の情報なのですが

 

と、こんな話を今週末27日の14時からお話ししますから、可能な方は

是非、流氷科学センターにいらしてください

 

写真は日没後の畑で採食するファミリーです

幼鳥は遊び足りなかったのか一羽で踊っていました

 

DATE

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM