ガン3000超

19/10/16

夜明けの空が美しく焼けている

ああなんて美しい色なのだろう、高い処から眺めていたいなあー

今朝は東半分冷え冷えの朝です

コムケもバリバリに霜が降りているでしょうね

 

14日日の出前にカウントできたガンの総数は3000羽を超えていた

秋に3000羽を超えたのは初めてかな?記録を調べてみないとよく分からないけど

日の出前のカウントだから暗くて種は識別不能

識別してたら数も何も解らないままです

ハクチョウもカウントしなければならないからね

 

午前中は出かけている筈の畑に行きますが一部の群れしか来ていません

残りは何処に入っているのやら、一人でカウントする限界です

 

このガンの群れにシジュウカラガンが30羽写っています

拡大してみても確認は難しいと思いますけどチャレンジは大切です

もう少しきちんとじっくりと見ていたいのですけど、なかなかのナカナカなんですよねー

他にオオハクチョウの群れの中にハクガンの幼鳥が1羽いました

 

明日はまた出かける予定あり、今月は何かと忙しい感じです

 

大雪山で行方不明者が出たと新聞が伝えていましたがどうなったのでしょう

無事に見つかってくれることを祈りたいです

 

DATE

 


霜の朝

19/10/15

今朝も結構冷え冷えの道内です、昨日ほどではないけどね

昨日は旭川や帯広で初氷が観測されたようですね、歌登は氷点下4度だったとか

コムケは風があったので霜は無理かなあーと思っていたのですが

風の当たらない処で美しい霜を見つけました

紅いナワシロイチゴとのコントラストが美しい

見つけたらすぐに撮らないと、陽が当たるとどんどん解け始めます

 

13日はかなりの強風だったようです、家にいると気が付かなかったのですが・・・

鳥が随分動いたようで、ダイサギがまるでいなくなりました

何処かに隠れたわけではないでしょうけど昨夕は2羽でした

ガンは数を増やし3000羽を超えていました(秋の3000羽超は初めてかな?)

その中に・・・

採食に入る畑が全部把握できていないので種の数が不明です

近い処が好みのようなんですがよく分かりません

 

10月になって山に行けていません

後1回、澄んだ空気の中遠くの山を遠望したいなあー

 

DATE

 

 


冷え冷え

19/10/14

北海道各地氷点下の処が沢山ある、北海道内冷え冷えの朝です

初霜を観測する前に、初氷を観測するところが多いのではないかな?

コムケも所によっては霜が降りていそうです

 

月が西の空に低く見えています

写真を撮るイメージが出来上がったのですが、撮れないだろうなあ

日の出前にカウントしないとハクチョウもガンも正確な数を知ることが出来ません

写真を撮って居る暇はないよなあー

 

さてさてコムケに出かけます

 

DATE

 


今日はタンチョウがいた

10/13  曇りのち晴れ 海からの風が強くて砂が飛んでくるんだよ

 

     最近 夕凪橋(通称カワセミ橋)の辺りが楽しくて車を止めてみるんだ

     今日はタンチョウが5羽 揃って朝ごはん中でした

     「あれ〜 あんたたちはどこから? いつもの2組なら1羽多いね」

     返事のないのは判っているけど聞いてしまうよねぇ

     奥にはハクチョウもいるし 数えなきゃとスコープを取りに・・・

 

     戻ってくると 2組に分かれて飛んで行きました

     そっか 旅の途中なのかと納得してしまったよ

     「台風の風だから気を付けてな」そう思いながら見送りました

                             コムケがかり

 

     


新聞記事

19/10/13

台風はどの辺りだろう

ここは風も強くないし雨もない

今日は昨夜のうちに家で原稿書きと決めていたのでのんびり起きて新聞読んで

コーヒーを淹れて、いただいたチョコレートケーキを食べながらブログ更新

昨日大した写真が撮れなかったのでブログの写真がありません

ので、地元新聞の記事を載せました(いつもお世話になっている新聞社です)

ギリギリ読めるでしょうか

まあ書いてあるとおりです、それ以上でもそれ以下でもない

 

私はコムケの自然を今の価値判断でいいから正当に評価してほしいだけです

そこに個人や団体の欲や利益は含まれるものではありません

ましてや訳の分からない感情なんて入り込ませるのは間違っている

人間の主張する権利は経済的な権利に思えます(悪いことでなありませんが限度がね)

コムケの、例えば渡り鳥にとっては生存権なのです

 

こんな議論をいままでどれだけ繰り返し繰り返しして来たことだろう

想えば1993年6月釧路でのラムサール会議に出席できたことがきっかけなのかな?

 

今朝はつまらないブログで申し訳ありません

でもコムケファンには現状をお伝えしておきたいです

 

DATE

 


オオタカ

19/10/12

2.3日前の予想だと今日は一日雨になるみたいだったけど?

衛星画像を見ると雲がものすごい勢いで流れている感じがしますね

 

写真がいよいよなくなって来たのですごく古い?写真で申し訳ありません

アップしてあったのですが使ってなかった写真を探しました

確かこれは使えてなかった筈

 

この前の大時化前まではコムケにいたはずですが、見られなくなりました

移動したのですね

この個体少し白っぽい感じがします、亜種が違うのかな

 

昨日も紋別市街地の上空をハクチョウの群れが飛ぶのが見られました

今日はどのくらいの数が居るかな?

ガンも数えないとならないしね

忙しいいコムケの日々です

 

DATE

 


ホタテ島 今

10/11  くもり  やっぱり青空がいいなと思わせる曇り空です

 

     ホタテ島のサンゴソウ こんなカンジです

     まだまだ見られるでしょう 昨日の青空に映えてました

     ここにね ハクチョウとかタンチョウとかがいると余計に映えるのに・・・

     なんて見てる方の勝手ですね 

 

     バスの窓から見るにはいい景色なんですが

     ここをこんな風に撮るには少し高い道路の車寄せからなんです

     背の低い私は軽トラックの荷台に上がって撮るんです

     通りかかる車の人が笑いながら 怪訝な顔をして通って行きますよ ウフフ

                                コムケがかり

     


タンチョウは?

19/10/11

やっと来たか、という感じのハクチョウですね

一気に400羽だとほとんどオオハクかな?

ここ何年かは一気にたくさん来るようになった感じがする

北の中継地も何かが変わってきているのかな

コムケもいよいよ、いよいよだなあーーー

 

昨日は日の出前に出かけて日没後の帰宅

快晴の空の下、JRの車窓風景を楽しんでいました

大雪山は勿論、暑寒別岳も白かった

夕張岳、芦別の山々、樺戸山塊、そして恵庭岳、久しぶりの山々はみんな美しかったなあー

黄昏時、旭川から乗った列車は通学の高校生たちがいました

彼ら彼女らは皆スマホに夢中で、画面ばかりに集中していました

車窓に目を移せば、西に没しようとする太陽の光を受けた大雪山がだんだん色を失う中

昇ったばかりの月が光を増していくのでした

そんな風景に心奪われていたのは私だけだったのだろうかー

 

タンチョウの動きがいまいち解りません

このペアもコムケ繁殖ペアではないようです

 

DATE

 


今朝来てましたよ

10/10  晴れ 暖かい22℃ 海も穏やかで鮭釣りの人がいっぱい!

 

     今朝 コムケに着いたら何やら賑やかな鳥の声がした

     カワセミ橋の上で車を止めたら いましたよハクチョウ しかもたくさん!

 

     昨日はお休みにしてたので 来ていたSさんに訊いたら「昨日はいなかったぞ」と

     カシャカシャしてるうちにもどんどん入ってくる

     11:00までにコムケ全体で400羽近く数えましたよ 

     初日の朝にこんなに数えたのは 私は初めてでした 風が良かったんだねぇ

 

     でも 一休みだったらしく12:15には2/3くらいは飛び立ってしまいましたよ

     帰って来てからも 我が家の上空を群れが飛んで行きました コムケへ行ったかな?

     確実にここも白くて寒い季節が近づいているんですねぇ 冬より使者だものね

                               コムケがかり


マガン

19/10/10

今日は昔の「体育の日」、晴れの特異日と言われています

まだ暗く空の色が判らないのですが、星が美しいのできっと晴れているのでしょう

予報では北海道全域「晴」です

 

コムケにやってくるガンはヒシクイとマガンで、ヒシクイが圧倒的に多い

マガンは秋春共に少数で、渡来の時期もヒシクイとは微妙に違います

が、今秋はちょっと違います

渡来が早く、数も多い、200羽近くいます

そして今年生まれた幼鳥が多いような感じです(正確にカウントしてない)

 

コムケから塒立して周辺の畑に採食に出かけていくのですが場所は日替わりです

探すのが大変なんです

 

連休の天気が気になるなあー

今日は野暮な用事でJRの列車に乗ってお出かけです

 

DATE

 


| 1/497PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM