もう少し・・・

19/02/23

他の処はそれなりに冷えているのですが、この辺りは何故か温かい感じ?

よく解らない気温分布だなあー

まだ3月にはなっていませんから、もう少し低温でもいいと思うのですが

もう少し冷えると、美しい樹氷が見られ始めるのがこれからです

日中温かいと水蒸気が供給されてそれが夜中に昇華する

 

今朝は写真がなくて困りました

極端に古い写真ではないのですが、タイムリーではありませんよね

 

今朝は予想に反して紅い朝が見られそうです

日の出は6時10分頃

そろそろ走らないと間に合いませんね

 

DATE

 


春を歌う

19/02/22

昨日の夕刊に温暖化による初の哺乳類の絶滅か、と言う記事がありました

温暖化と言う言葉が聞かれて久しいですが(提唱した?学者も亡くなりましたね)

人は直接的に影響がないからなのか、相変わらずのほほ〜んと暮らしているような?

「温暖化」でまさに影響を受けるオホーツクなのに、わが町紋別は何かに取り組んでいるのかな

「アイドリングストップ」宣言くらいしてもいいと思うのだけど、新しいガリンコ号を作る話ばかり

流氷が見られなくなるという現実が、すぐそこに見えていると思うのは私だけなんだろうか

閾値を越えるともう元には戻れない、のに・・・

 

・・・愚痴ってしまいました

 

林の中に入るとカラたちの歌が聞こえるようになりました

立春の頃にはぐぜりと言うよりもっとか細かった声は、春を呼ぶ大きな歌になりつつあります

寒い寒いばかりの人間は、何も感じることが出来なくなっているような気がする

鳥たちは敏感にそれを感じ取り、身体全体で喜びを表しているというのに

 

DATE

 


久しぶりにエナガだね

19/02/21

今朝の北海道新聞に長生きオオハクチョウのことが載っていました

やや26年前に標識放鳥された個体だそうです

これは私も行っている標識調査で判ったこと

標識調査には心配や否定的な考え方もあるのですが、色々なことを教えてくれるのです

コムケでもトウネンが15年後に見つかった記録があります

驚異的だと思います

 

今週はもっと気温が上がるのかなと思っていたのですが、そうでもありませんね

一気に季節が移ろうことはないようで、少し安心?

もう少し流氷の風景を楽しんでいたいのです

 

久しぶりにエナガ登場

撮るのが難しいのですよねー

 

DATE

 

 

 


ウソとドングリ

19/02/20

今朝も5時気温はプラスの紋別です

昨日の最高気温は2.5度で驚くほどではなく幸い?でした

 

1977年紋別の気象記録を見たらすごかった!

この年2月12日〜16日までの5日間連続で氷点下20度以下でした

14日は24.6度まで下がっています

凄い記録ですよね

流氷の状態も調べて見ると面白そうです

 

コムケでは漸くウソが見られるようになりました

数は少ないですけどね

雪の積もらないキャンプ場にはドングリが転がっていますが、ウソは食べません

リスがやってきてくれるといいのになあー

 

DATE

 


コムケ夕景

19/02/19

紋別の気温がすでにプラスです、信じられない気温

今日はいったいどこまで気温が上がるのだろう、南西風とフェーン現象かな?

 

昨日のシンポジウムで今のところの予定はクリアーしました

頼まれていた写真と依頼原稿のチェックも済んだので少しの間はのんびりできるかな

溜まってしまった本を読みたいです

片付けるデータがあるのですが後回しだね

 

今シーズンの最小開水面のコムケです

これは16日の結氷の様子です

17日の午後から波が入り始めただろうから、氷が割れて流出したのだろうなあー

ヤツは戻って来ている筈

季節が巡るのが早い気がするけど、あと一月でタンチョウが戻って来るのです

 

私のモードもそろそろ切り替えないとなりません

 

DATE

 


行きがけの駄賃・1

19/02/18

昨日は予定通りにワシ調査

毎年のように4地区の調査ができました

観察できたワシ類合計22羽、そのうちなんとオオワシがたった1羽でした

そして観察できたオジロワシは成鳥が多かった

先週まで海が閉じていたことが関係あるのかな?

 

土日は暖かく厳冬のそれは無し

コムケ沖は流氷が解けてしまって海水面が広がりました

もうこの寒さでは凍らない

北向きの風が強く吹かないと再び接岸することはあり得ないだろうなあー

 

写真はクマタカ

少し前の調査の帰りに見ることが出来ました

1年目の幼鳥のように思うけど、雪が解けたら何処に戻ってゆくのだろう

 

今日はシンポジウム

どんな話が聴けるか楽しみですね

 

DATE

 


拾った朝

19/02/17

昨朝湖口まで車を走らせた、まだ誰もいなかった

日の出方向の雲が高くすっきりとした朝にはなりそうもなかったし

海には流氷がまるでなかった

少しがっかり、のち思考を立て直す

しっかりとイメージしてこの朝を撮らないとね

この頃はイメージがを巡らせることが上手くできていないように思う

写真(風景)がどれも同じになってしまっているような感覚になってるなあー

 

自然風景はいま目の前にある物がすべてなんですよね

目の前にある風景から、一つのシーンからコムケの物語を紡いでいく

それが私のスタイルなんだと思うのだけど、この頃は上手く紡げていないなあー

 

今日は年に一度のワシの一斉調査です

今年で40年目、私は何年から参加してきたのだろう

猛吹雪で出来なかった年もあったけど、今日は穏やかな中で出来そうです

 

DATE

 


厳寒緩朝

19/02/16

今朝は随分と暖かな朝です

アメダス地点20度以下の処はないようです

もう少し寒い日が続いてほしいのですが、無理なようですね

 

予想に反して今朝は星が見えています

美しい朝が見られるのでしょうか、急いでコムケに向かいます

日の出の時刻はいつの間にか6時20頃です

そういえば昨日の帰り道、空が随分と明るくなったのを感じていました

 

コアカゲラです

シラカバの枝先が好きなのかな?

何か食べるものがあるのでしょうか

 

今日は少しのんびり鳥を見ていられそうです

 

DATE

 

 


斜里岳幻想

19/02/15

冷え冷えの状態も今週で終わり?来週は高温注意が出ていますね

土日で流氷の朝の写真が撮れなければ今シーズンはもう無理なのかも?

南風で気温上昇、海も荒れるとなると、湖口内氷が割れてしまうのかな

まあどうなるかなあ、自然のすることですから

 

先週の3連休の2日間は美しい朝でした

2日間ともコムケで眺められれば良かったのですが、1日は雄武の日の出岬

凍る海の向こうに斜里岳が浮かんでいた

蜃気楼の一種、下位蜃気楼でしたっけ?これは比較的よく見られます

 

さてさて、18日のシンポジウムの発表の最後の調整をしましょう

その前に17日は今シーズンのワシの一斉調査です

 

DATE

 


ヒメハジロ情報

19/02/14

こんなに寒さが続くのはなかなかないんでない?

いいことですよねー、少なくとも私的にはとても嬉しい

寒いと色んなものが美しく見えてきますね

 

先日のヒメハジロです

番屋の裏の開水面に入っていました

いつもなら逃げてしまう距離ですが、開水面がここしかないので逃げられません

朝の冷え込みで手前の氷の上には霜の華が咲いています

 

心配なのはこれだけ寒い日が続いて、流氷が接岸状態なら湖口開水面も凍るのでは?

もしも凍ってしまったら、近くに入れる開水面はありません?

湧別川河口も凍っています

そうなるとサロマ湖湖口に行くように思いますけど、ここへは一般人は立入禁止です

 

うーん

 

DATE

 


| 1/468PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM