オオバン振る舞い

20/10/25

風が強くなって来ているのかなあ―

南西の風だからハクチョウたちがやってくる風ではないね

昨日も午後から風強くなったので早めに戻ったので、今日は日没まで見ていたいなー

 

写真には3羽しか写し込めなかったのです、申し訳ありません

18羽も居たのですよー!

オオバンです

正に大判振舞ですよねー

本州の方では増えていると聞いたことがありますが、こちらも増える傾向なのかな?

 

さて出かけます

昨日は5:20に塒立ちをしたのでそれまでに現地に着いていたいのです

 

DATE

 


オジロワシ急襲

20/10/24

なんか妙に暖かい

南西の風、コムケでは5m以上吹いているのかな?

大荒れの予想は空回りしたようです、なんかこの頃はこんなのばかりだなあー

 

水面に浮いて潜水を繰り返して魚を捕っていたのはカワウとユリカモメ

そこにオジロワシの若い個体が急襲しました

でも結果はー、成果なく空回りでした

 

この風ではハマシギの数は増えていないかな

残っていてもいい筈のダイゼンもオオソリも全然いません

やっぱりどこか変です

 

DATE

 


午後の光・3

20/10/23

雨は何時から振るのだろうか、午後になるのかな

昨日は予想外の晴の空

南寄りの風がやや強い感じで、枯れ葉が舞って別の調査は進まず

 

曇っていた朝は少し出遅れ

そのせいでハクチョウとガンの数が正確に数えられなかった感あり

4か所を見るのでそれなりに時間がかかる

最後はシブノツナイ湖なんだけど、着いた時にはハクチョウもガンも採食に向かい始めてる

刈り終わった川西のデントコン畑にはハクチョウが2500羽も入っていた

どうやらコムケではなく湧別川を塒にしているみたい

そうだよねー近いもんね、省エネできる

 

朝カウントできたハマシギは70羽ちょっと、全然少ない、桁が違うよなあー

他にツルシギが1羽、そして写真右のが久しぶりに見られたオオハシシギ

じっくりと見ていたかったのだけど、午前も午後もハヤブサが急襲したので群は散りじりに

この時期にこのハマシギの数

何がどうおかしくなっているのかな?

 

DATE


午後のワシたち

20/10/22

昨日の朝はなんだったんだ?と思うくらいの気温差です

昨日は家の前の車の屋根もフロントガラスもがガリガリに凍っていました

コムケは霜が降りて氷も張ったのかなー

 

先日キャンプ場の駐車場に居たら、海の方からオジロワシがつから次に飛んできました

どの個体も胸が膨らんでいて、なんか食べてきた感じ?

カワセミ川河口辺りに降りていました

海岸に食べる物でもあったのかな?

 

今日はシギのカウント休暇です(只の有給休暇ですけど)

ハマシギがピークになる筈なんですけど、来ているのかな

明日から荒れる予想ですから、土日に期待したほうがいいのかもしれません

 

DATE

 


群はミコアイサ

20/10/21

いやあ〜〜〜冷え冷えですねー

コムケでは霜が降りていそうな感じがしますがどうでしょう

美し過ぎる空、快晴の素晴らしい朝です

 

コムケではカモのピークは過ぎた感があります

実は私はカモのことはよく分かっていないのです

というのも9月前半はシギに集中してるし、後半はガンに集中してしまう

10月前半はガンとハクチョウ、そして小鳥の調査だし

なのでカモの記録は悪く言えばいい加減な記録です

まあ、国会で追及はされないだろうけど

一人でやるにはすでに限界を過ぎていますね

まあ仕方ないですね、好きでやって来たのだし、これからも同じスタイルでやるしかない

 

今朝の新聞に野生生物基金の写真コンテストの結果が載っていました

いい写真ばかりでしたね

ただこのコンテストの選考基準が私にはよく判らない感じが?

私は写真はガンガン撮りますけど、コンテストには応募しないのです(応募してもまず無理)

色々面倒な感じもするし

まあこれから時間が出来たら出してみようかな??

 

あ、写真はミコアイサの群れです

潜水を繰り返して魚を捕っていた感じ、これから増えるカモです

 

DATE


ホタテ島の今日

10/20  晴れ時々雨の寒い日 最高気温が13℃ 風はあまり強くないです

 

     雨上がりの日差しに誘われてホタテ島を歩いてみました

     なかなか紅葉しなかったこの場所のサンゴソウは今が見頃みたいです

 

     こんな立派なのもあったりして・・・

     白鳥の声がするので 声のする方を見ると

 

      一群が飛び立っていくところでした

      今日は風がいいのか昼過ぎまでたくさんの白鳥が渡ってきていたんです

      どうやら飛び立って行くにもいい風だったようですねぇ

      今朝からいた群れでしょうか? それとも一休みした群れでしょうか?

      それからも小さな群れが飛び立って行きましたよ 

      明日の朝に残っているんだろうか・・・

                               コムケがかり

      


蜃気楼の朝・2

20/10/20

夜明けの空がとても美しい

昨夕の帰り道、大山の肩に架かる細い月の風景がこれまた美しかったのでした

ハクチョウが飛んでこないかあ、と空ばかり見上げて歩いていました

 

日曜の朝の蜃気楼

海別岳がこんな風になっていました

能取岬が何処にも見えていなかったのはどうして?

朝からこんなになってるのは久しぶりと言うか、あまりない風景ですね

もっとしっかりと向き合って写真に残せばよかったかな?

 

今日で年賀はがきのお年玉当選ハガキの交換が終了です

私は何年も見ていなかったのですが、昨日職場で言われて久しぶりに昨夜チェックしました

年々人気のなくなる年賀状ですが、一年に一度年始の挨拶ですから私は続けたいです

ハンコが今悪者にされてますけど、見直すのは不要な押印ですよね

ハンコをなくすことに問題がすり替わってるような?

急ぎ過ぎて失敗ばかりにならないといいですけどね

 

DATE

 


蜃気楼の朝

20/10/19

南西の風は冷えた空気を運ばず、朝の気温は10度を超えている

十勝方面では氷点下の処もあるのにね

昨日の朝も何となく空気は冷え切ってない感じで

それが浮かぶ知床の姿を変えていたのだろうか

 

ここからだとコムケの水面と知床の山々が眺められる

もう少し高い処があると最高にいい感じになりそうな気がするけどなあ

左が羅臼岳の山塊、右が遠音別岳の山塊、間に見えている点は知西別岳かな?

わかりやすく言うと知床峠が通っている処です

 

昨日見ることのできたシギはハマシギが1羽のみ(後は調査で捕れたヤマシギ)

今の時期にハマシギが全然いないのはどうして?

ダイゼンも少しいてもいい筈なんですけど?

何処かの何かがおかしいのかなあ―?

 

コムケのガンは増えましたけど、マガンが減った感じです

 

DATE

 


秋の日

20/10/18

そこそこ冷えている感じです

まだ霜は降りないコムケですね

 

先週のコムケの写真です

サンゴソウが最後の紅さを見せてくれています

久し振りにタンチョウがここで見られたのはよかった

 

暫くは何処にも出かける予定が入っていないので、コムケに集中できます

今週と来週はハマシギのカウントかな

秋の調査は後少しでおわります

 

寒くなってきたので温泉に行きたくなりますね

露天風呂に浸かって、はらはら落ちる紅葉した葉っぱなど眺めていたいものです

 

DATE


行き掛けの駄賃シリーズ・4

20/10/17

昨日は夜明け前に峠を目指して走ってました

峠の道路上には雪はなかったものの、脇にはしっかり雪が残っていました

前日無理して冬タイヤに交換して来て安心でした

 

旭川に向かう道路と並走する石北線に気動車が走っているのが見えました

以前から撮りたい場所があったので、スピードアップして先回りし、そこで待つことにしました

いいシーンでしょう?

石狩川を渡る石北線の気動車です

もう少し紅葉が進んでいたら良かったのですが・・・

 

 

そして今朝は層雲峡の奥でハクチョウが飛んで来るのを待っていました(コムケ経由の群です)

4時間近く見ていましたが、残念ながら見ることは叶いませんでした

うーん?運がないのかなあ―?

この辺りは標高800mくらい

シラカバの黄葉が今が盛りで美しかったです

正面の山は忠別岳だと思います、もう本当に真っ白で、山頂は厳冬だろうなあー

 

でもここで、ベニマシコの声が聴けたのです

果たして付近に生息する環境あるかなあ―?

それとも渡りの個体なのかなあー??

また一つ解らないことが増えました

 

DATE


| 1/542PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM