初冬のタンチョウ

19/11/20

昨日は風の強い一日でした

そして夜中も風の音がずっと聞こえていましたね

天気図見ると等圧線が込んでいます

二つの低気圧がサハリン沖で停滞気味?何故か足早にカムチャッカに抜けていきませんね

この天気図ではここは晴れて風ばかりが強い、雪は降りそうにありません

今年も雪が少ないのだろうかー

 

先日思いがけない処でタンチョウに会いました、ここで見たのは初めてでした

デントコーン畑で採食してました

 

そろそろタンチョウも越冬地に戻るころですね

コムケの鳥相もだんだん冬モードになっていきます

 

DATE

 


短足カモメ


19/11/19

今朝は軒並みプラスの気温ですね

夕方から荒れてくるのでしょうか、天気図がそんな感じ

11/23が荒天でないことを祈ります、科学センターの講演会が無事開催できることを祈ります

その日は色々あちこち周辺の町でも行事があるようですね

人も集まってほしいです

山の好きな方もいると思います、山の話もしてくれるはずですから是非ご来場を

 

奥はカモメです、足が黄色い

手前は足が黒く短い、ミツユビカモメです

コムケでは今頃に海が時化ないと近くでは見ることが出来ません

飛んでいる時は翼の先端が▲に黒いので識別は簡単すぐに分かります

他のカモメとの一番の違いは足が短いことかな、地上でのシルエットが違いますね

 

今頃はカモメ類の季節なんですよね

コムケでは8種が見られるのは今頃位なのですよ

以前はカモメ好きのバードウオッチャーがいたけど今はどうなのかな

写真が撮りづらいからと言う理由でダメかもしれませんねー

 

DATE

 

 


鹿児島に行って来ました

11/18  くもり  最高気温予報が4℃ 昨日より2℃高いとか?

 

     13日から鹿児島に行って 昨日帰って来ました

     目的は連れ合いの友人を33年ぶりに訪ねるってことですが・・・

     ツルを見せてくれるとの条件で付きあいました

 

     たまたま珍しいツルが1羽いるよと教えられ探しましたが遠くて・・・

     私のカメラじゃトリミングしてやっとこれです なんかタンチョウのよう?

     アネハヅルだそうですよ 他のツルが7890羽もいて なんかウジャウジャでした

 

     紋別に到着した飛行機が滑走路の吹き溜まりに突っ込んじゃって

     止まった所が滑走路の端でUターンする時なので けが人もなく機内は穏やかだったけど

     除雪をして動くまで1時間 飛行機の中で缶詰でした

     旅の最後に すっごい思い出付きになりました

                                コムケがかり


強風ー

19/11/18

土日は強風のコムケでした

特に昨日は昼頃にMAX20m、これでは何もできません

風は少ない雪を集めて吹き溜まりを作っていました、走れなくなるほどではありませんけど

この写真では強風が伝わりませんねー、波がもう少し映しこめればなあー

 

強かったのは西風です

なので歩いて色々見ることもままならなくて早々と戻ってきました

軟弱なんです

それでも日の出前の海岸道路でユキホオジロを見ることが出来ました

ガンは何処の畑にいるのか全然見つけることが出来ませんでした

高い処から一望できる場所があればいいのですが、ありません

塒立ちもよく分からなかった

 

今週の寒気でガンは南下するでしょうか

ハクチョウたちは終日コムケで過ごすようになりました

シブノツナイ湖では結氷が始まりました

 

DATE

 

 


まだこんなに・・・

19/11/17

昨日は1時間遅れのコムケでした

道路はアイスバーンで少し怖かったですが、路外に落ちている車はありませんでした

帰り、シャーベットアイスで滑り街路樹に激突している車が1台、ケガはないようでした

 

風が時々強く吹き、スコープを立てるのには最悪の条件でした

なので、ぐうたらして車内からカウントしてました

ハクチョウは1000羽台をキープ、ガンは少し正確性に欠けますが2000羽を超えていました

海上を見ていたかったのだけど、ガンのカウントがナカナカ難しくて

 

帰り際目の前をハマシギの群れが飛んで行った

まだこんなに残っていました35羽、更にムナグロも1羽いた

 

さてさて出かけよう

ガンの塒立ちを観なければ

 

DATE


雪でした・・・

19/11/16

昨日は一日雪でした

大雪ではありませんでしたが細かな雪がずっと降っていました

夜中も降りつづいていたのでしょうか、今も雪です

風がとても強よそうです、雪が横に流れています

コムケに行っても何もできない感じがするなあー

どうしよう

 

 

写真が無くなってきました

同じような写真がアップされています

上は朝の斜里岳です

この前隙間から見えていた朝です

下は畑に群れるヒシクイです

ここはビート畑で収穫した後に土が起こされたところです

ヒシクイはそこで地面に残った葉などを食べていたようです

 

家にいても何も解らないからとりあえず行ってこよう

吹き溜まりがないことを願います

 

DATE

 


ガン類1%

19/11/15

吹雪です

が、ここはそんなにひどくないようです

日本海側は強風のようで、今日いっぱいは大荒れかな

昨年は雪が遅く、紋別は14日が初雪でしたが、今年も同じころでした

紋別沖でスルメイカが大量と新聞が伝えています

海水温が高いということでしょうか?

沖に鳥がいないのはそのせいなんだろうか

 

先日色々見ていたらガン類の個体数のページがあった

思いついてコムケの観察記録を見て見たら、1%を超えていた

ということは、ラムサール登録の条件を優に超えていると追う事ですよね

ちょっと迂闊だったなあー

 

予定ですけど来年2月のシンポジウムで発表の時間を貰っているのでその時話そう

またパワーポイント作らなくてはなりません

 

DATE

 

 

 


久しぶりのオジロワシ

19/11/14

気温が高いですね、10度前後です

低気圧に向かって南から暖かな空気が入って来ているのですね

午後からなのか夜からなのか今度は風が北寄りに変わって寒気が入って来ると予報官は伝えてます

何時もの10月の時化が一月遅れでやってくるとしたらちょっとまずい感じかな

海岸の状態が心配になります

通行不能になっても、サケの漁は終わってるし緊急に直す理由がないので

春までそのままになる可能性が大ですね

そうならないことを祈ります

 

ハマナスの実の中にオジロワシがいた

手前にもう一羽いたから恐らくはコムケで繁殖しているペアだったんだろう

海岸道路から見ていたのですが、車の中からでも近すぎる距離ですね

ワシにとってはストレスです

尻を高く上げ、フンを飛ばした後飛んで行ってしまいました

珍しくすごくピントのいい写真でした

 

DATE

 


今度はタイヤ

19 /11/13 

    冬鳥を探して見つけた古タイヤ! きっと交換して業者さんに処分依頼しないでわざわざここ迄捨てに来たんだね…?

早速市役所に連絡しました。

今シーズンは草地が釣り客のタイヤで何ヶ所も踏まれたけれど幸いゴミのポイ捨ては少なかったのに残念です!

           hidepapa



束の間の朝

19/11/13

この頃はなんか冬の朝を感じてしまうのは私だけでしょうか

それは気温ではなくて「色」と言うか「雰囲気」というかですね

 

今頃の朝は共和の橋から眺めるのがいいです

正面に斜里岳が本当に美しく見えます

紅い空が大きく広がるといいのですが、ほんの隙間程度しか見えていないことも多いのです

それでも水面は紅い空を映してくれます

ここにカモなどいればいいのですが、どんどん数が減っていますから

 

ハクチョウのカウント開始が目前です

少し光が回り始めないと見えないのです

それまで束の間のあ朝を楽しむのです

のんびり見ていたいのですけどねー

 

明日、明後日は大荒れの予想ですね

吹雪になって積雪状態になるとガンたちが南下するでしょう

今度コムケに行ったときにはどれだけカウントできるかなあー

 

DATE

 


| 1/501PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM