冬の干潟

20/01/22

南東の空に細い月が美しく架かっています

今日休みならすぐにコムケまで走るのですが叶いません・・・

 

積雪が漸く10cmくらいになりました

これで風で吹き溜まると海岸道路は走れなくなるのかなあー

なんとか共和橋までは行けるとありがたいのですがね

 

先日久しぶりに風力発電建設のアセスメントを読みました、少しだけですけど

説明会にも出かけてきました

感じたのは、全然変わっていないのだなあーということです

新聞に私のインタビューコメントが載りましたが、もっと地元の風景を大切にしてほしいです

自然景観に対する評価があまりにも低いですよね

自然景観は故郷の風景そのものですから、子供たちにしっかりと残してあげたいと思うのです

コムケから見える風景の中に風力発電施設が建つなんてことは、もしもでも考えたくないですね

 

コミミズクを待っていた黄昏時

湖岸まで降りて行ったら、干潟にハマシギがいました

条件が揃えば越冬できるのでしょうけど、今年の冬はどうなんだろう

ここも凍ってしまうのかな

 

DATE

 


大寒前日の冷えた朝

20/01/21

一年で一番寒い頃ですけど全然寒くないですね

雪は昨日3cmくらい積もりましたが、後が続いてくれません

 

19日日曜日の朝は氷点下10度くらいに冷え込みました

期待した氷上の霜の華は咲いてくれませんでした、寒さが足りません

それでもほんの少しという感じでしたが、樹氷が見られました

共和A の立ち枯れたマルバトウキにはびっしりと付いていました

逆光で見るととても美しい

もっとキラキラ感を出したかったのですがこれで精一杯でした

 

この雪でコミミズクどうなるかなあー

何処かへ移動してしまうでしょうか

熱心な方がいるので情報は入って来るでしょう

 

DATE

 


海が凍る頃

20/01/20

大寒ですが各地驚くほどの寒さではないようです

 

土日は久しぶりに穏やかなオホーツクでした

行ったときはいつも波が高かった

それがコムケが凍らない原因のひとつなのですが、今日の話題とは別

 

昨日は波の音がとても静かでした

よく眺めて見ると、海が凍り始めていた

細かな氷晶が漂っているようでした

もう少し近くで見られてもよさそうなカモの群れは遥か遠かった

呑気なアザラシの頭ひとつが浮かんでいました

 

今週は後半多忙の予定

ブログ更新は誰かお願いしますね

 

DATE

 


なんとか撮れた

20/01/19

ナカナカいい冷え具合ですが、見たい風景は出現してくれるだろうか

見たい風景は氷上の霜の華です

期待したいなあー

 

私にとって昨日の夕方が最後とも言えるチャンスでした

なので少し時間を伸ばして見ていたのです

地面に降りた後は何処か高い処にとまる筈だよなあー、と見ていたら

出ました

格好よくない杭ですけど何とか撮れました

光量的にもギリギリな感じでした

 

さてと出かける用意をしましょう

今日は夕方までコムケにいられないので時間を大切にしよう

 

DATE

 


静かな時間


20/01/18

今朝は十勝が冷えているのかな?

コムケは10度まで下がっていないようです

霜の華が見られると嬉しいのですけどねえー

 

昨夜は常呂まで出かけていて戻ったのが23時近くになってました

帰りコムケに寄って星の写真でも撮りたかったのですが、雲の多い空で撮れなかった

冬の夜にコムケに出かけることは多くないのでちょっと残念でした

 

先日降った雪も、気持ち程度でしたので、コムケの海岸道路はまだ走れます

こんな好条件なのに鳥はとても少ないです

ああユキホオジロの群れが見たいなあー

 

DATE

 


蒼い朝・月が輝く

20/01/17

道東はナカナカいい冷え具合ですね

川べりの樹氷が美しいだろうなあー

来週は恒例の調査でちょっと出かけたいと思っているのです

空の調子はどうでしょうね

その前に仕事で出かける予定もあるので、まずその時の空模様が気になるけど

 

夜明け前のコムケです

蒼い西の空に月が輝いていました

その下にはハクチョウの家族が寝ていました 

この群れはコムケで越冬するのだろうと思います

後何度、寒く長い夜を過ごしたら北に還る日が来るのでしょう

 

ここで寝ているオオハクチョウの家族は全部で9羽

成鳥2羽幼鳥4羽、成鳥1羽幼鳥2羽の群れです

成鳥が1羽少ないのですが何があったのか私には解りません

かってな想像をするだけです

血縁関係の群なんかどうなのか、興味もあるのですが調べる術はありません

 

DATE

 

 


コムケ湖氷上散歩

20/01/16

昨日降雪があったのにアメダス値は1cmのまま?

風で飛ばされたのか機器の不具合なのか、まあ少ないことに変わりありませんね

 

コムケ湖とシブノツナイ湖は当然結氷してますけど、凍った氷上に雪がありません

表面は氷です

なので、楽に歩けます

先日はカワセミ河口からキャンプ場前まで氷上散歩

広い空が尚更に広く広がっていました

氷は割れるはずもなく、割れたとしてもこの辺りはせいぜい20cmくらいなものです

もうすこし湖中央に向かうと深くなりますから、岸近くが歩くのには最適です

小雪がいつまで続いてくれるのかは解りませんが、いつもは出来ない冬の楽しみもあります

 

DATE

 


周辺情報・マガン

20/01/15

道内はそこそこの冷え込みです

この時期は釧路湿原周辺の気温が気になりますね、それと積雪が

紋別は昨夕から5cm程度の降雪がありました

これで風で吹き溜まりが出来たら海岸道路を走るのは微妙ですね

強力な4WD車が一度走ってくれるといいのですがねー

 

私は時々湧別川も見ているのです

ハクチョウやカモ、そしてワシの数などを数えて記録しています

この前は、なんとマガンがいた!9羽

何処からかやって来たというよりは、何処かでいままで生活していたのでしょう

温かさと雪がない状況で南下しなかった群れのように思います

このまま越冬するとは考えにくいのですけど、積雪状態になったらどうするんだろう

 

来月のシンポジウムに向けてパワーポイント作成中です

なかなか進んでいきませんね

間に合うかな?

 

DATE

 

 

 


斜里岳の紅屏風

20/01/14

3連休は全部コムケに行っていました

そのうちの2日は日の出から日没までコムケで見ていました

コミミズクを期待していたのですが、飛んではいるものの遠くてよく見られませんでした

雪が積もるまでは見られると思うのですが、どうでしょう

 

3連休は比較的穏やかな日でした

雪が全然ないので夏と同じように車は走れるし、人は歩けます

凍っているので夏に歩けない処も歩けてしまいます

ただ鳥が少ないですね

数が全然少ない感じです

 

今冬も見たかった斜里岳の別な現象には出会えず

太陽の昇る位置が来週はもっと左に寄ります

この朝は斜里岳の背景にあった雲が焼けていました

 

DATE

 


周辺情報・紋別港

20/01/13

コムケはいい具合に冷えています

美しいものが見られそうな都合のいい予感がしてますがどうかなー

 

先週から情報が入っていたのですが見に行く時間がありませんでした

漸く昨日見に行けました

紋別港のトモエガモ♂

コムケでは何年かに一度記録されますがとても遠いのです

紋別港では近くで見ることが出来ます

太陽光線があると顔の巴がより綺麗に見えますから午後がおすすめかな

第二埠頭、以前に「そらち」が係留されていた処、オンネナイ川が注ぐ処の船溜まりです

マガモと一緒にいることが多いようです

 

今日は成人の日

紋別は昨日式典だったのかな?新成人は盛り上がったかな

私には遠い遠い過去のことですねー

 

DATE

 


| 1/508PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM