ハチジョウツグミ

19/03/21

昨日の紋別は15度まで気温が上がりました

スゴイですね、これで一気に雪が解けてしまいました、積雪0cmです

こんなに温かくなっていいのだろうか

色々心配になって来るなあー

 

昨日のブログのホシムクドリを撮っていたら、この鳥も近くにいました

ハチジョウツグミ、ツグミの亜種ですね

お腹がオレンジ色っぽく、背面はすっきりした感じでした

久しぶりに近くで見られてよかった

 

今日の午後から荒れるのでしょうか

明日は吹雪の予報になってますね、本当の彼岸荒れになるのかなあー

勤め人には異動のシーズンで色々忙しい季節ですから、荒れると困る人がいますね

私はあと何年かで解放される予定です

その時が私の本当の春の旅立ちかもしれません

 

DATE

 

 


1種増えました

19/03/20

久しぶりにコムケの記録が増えました「ホシムクドリ」です

堆肥に集まるムクドリの中で見られました

ムクドリが集まっているといつも気にしていたのです

行動的にはムクドリと変わらなかったので、じっくり探すのが大切ですね

これでコムケで記録されたのは293種になりました

 

このブログはいろんな人が見てくれているのですね、感謝感謝です

護るために何が出来るか?

やらなければならないことは多いのですが、出来ることはそう多くはありません

出来ることから始めることが大切です

「無駄にしない、我慢する、時々よーく考える」これは宇宙飛行士だった毛利さんの言葉

簡潔な言葉ですけどとても深い言葉です

具体的には何だろう?

物を大切にすること(使い捨てを続けることは地球を壊していくことにつながる)

ゴミは拾わ無くてもいいから捨てないこと(ゴミの処理をちゃんとする)

謙虚であることが大切かな?(自然の前では謙虚であるべきなのです)

それから新聞を読んでほしい、本も読んでほしい、学ぶことが大切です

そして想像することかな

すべての行動は繋がっているのです

そして忘れてはいけないのは、完璧を求めないことだと思います

いい返答になっていませんね、申し訳ありません

 

これからは時々こんなことも書いて行こうかな?

 

DATE

 


オオハクチョウの家族

19/03/19

昨夕から南寄りの風が強い

これはとてもいい風です、南から鳥たちが乗って来るだろう風だ

コムケの鳥が一気に増えそうな気がするなあー

 

土日のコムケ、オオハクチョウが100羽を超えました

何処で越冬していたのか不明ですが、明らかに北上してきた群れでした

その中にいくつかの家族がいた

この家族は成鳥2羽と幼鳥が4羽です

厳しい冬を乗り越えて来たんですよね、それを思うと胸が熱くなる

コムケで一月ほど過ごし体力を回復した後、北に向かって最後の旅をするのです

だからコムケ湖は鳥たちにとってとても大切な場所なんです

 

私たちが出来るのはその場所を、命を繋ぐ場所を護ることなのです

 

DATE

 


秋平川河口

19/03/18

昨日は午後から青空になった

なんかコムケで見る久しぶりの青空がまぶしくて、いい時間だったなあー

朝は風やや強く、ハクチョウやカモたちは風の当たらない水域に入っていた

 

気がつくと目覚めたハクチョウたちは秋平河口の雪原(湖上)に集まっているのが見えた

 

早い午後の帰り、国道から見た河口付近はすでに一筋の流れが出来ていたのでした

ハクチョウたちは汽水域は全然平気で生活できるのですが

やっぱり淡水がイイみたいに思います

 

春は気がつかない処でどんどん進んでいくのですね

 

DATE

 

 


ヒシクイが来ていた

19/03/17

暗い朝でした

でも風も弱く、雪も降っていなかったのでカウントは順調にできました

湖口開水面は随分と広がり、カモたちも増えていました

沖にクロガモとコオリガモの群れが見えていたけど、声も届いてこない遠くでした

 

観察小屋でコーヒーを沸かしてパンを焼いたら、黒焦げになってしまった・・・

でもコムケで食べる朝食はとても美味しい

 

午前中は湧別方面に出かけていました

湧別川河口付近は氷も落ちていたのですが、コロニー近くにはまだカワウの姿はありません

釣り人がルアーを投げていた

 

その後気になる畑に向かうと・・・いました、ヒシクイ5羽でした

近くで見られたのでオオヒシクイ(亜種)と識別できました

新雪が積もっていてよく解らなかったけど、畑はまだ雪が結構あるような感じ?

 

コムケに戻る途中、上空を80羽ほどのヒシクイの群れが飛んでいました

何処に降りたのだろう?

 

のんびりと鳥を見られる季節は過ぎました

またカウントに忙しくなるコムケです

 

DATE

 


いつもあるだろう風景

19/03/16

昨夜,煌々と月が輝いていた空は、雲が広がってしまったようです

今朝も紅い朝は望めないようで、少しがっかりです

日の出まであと1時間、東の空に表情が出る頃ですが、今朝はどうなんだろう

 

コムケに行くのは2週間ぶり

何も変わらないコムケがそこにあるのだろうなあー

そろそろ湖口の工事も終わる筈です

次は湖口橋の補強工事がされるので、通れるのはそれからですね

 

今日はあちこち見てこないとならないなあー

 

DATE

 


朝の色

19/03/15

今週は青空がありません

季節の変わり目なのですよね

2月が温かく、雪も少なく流氷もまるで見えないとなると

もう春なのだと思いますが、勘違いはいけません

まだまだ寒い日がありますから、体調管理に気を付けましょう

と言っても心浮かれますよねえ〜〜

 

私も昨夜は、先日買ってきた日帰り登山用のザックをいじくっていました

私はザックなど買ったそのままで使うことはあまりなく、使い易く改造するのです

ちょっとしたことなんですが、重要なことです

 

いよいよ写真が無くなってきました

今週は朝晴れる日があったらコムケに出かけようと思っていたのですが

ぜんぜんありませんでした

今朝も日の出方向の雲が高い

 

水面に張った氷が朝色に輝いていました

 

DATE

 

 


ヤツは何処へ?

19/03/14

春の雪です

日付が変わったころから5cmの降雪あり

自然は今頃になって帳尻を合わせて来るのでしょうか

大雪山の黒岳スキー場の積雪は、昨年より1m以上も少ないという情報で

私は今夏の高山の雪解けと残雪の状況を心配していたのですが、解消できるのでしょうか

 

今冬は本当に詰まらなかったコムケでしたが、ヒメハジロ♂Jが出たのが救いでした

だけどしかし、2/16の夕方に見てからその後は行方不明

流氷と寒気でコムケ湖が全面結氷に近い状態になったので、遠くまで行ってしまったのかな

今頃のコムケは開水面が広くなっているので、探すのは無理です

まあ、来シーズンに期待しよう

 

そろそろ鳥が動いてますね

今週末はタンチョウの情報が届くかもしれませんね

 

DATE

 

 

 


何処まで解けたかな

19/03/13

春の嵐は過ぎました

まあ1日で終わりなんだよね、そして青空、になる筈なんだけど灰色の空でした

紋別の積雪は29cm、道路は雪が解けてぐちゃぐちゃでした

あの状態で今朝少しでも凍ったら?ちょっと酷くない??

 

写真は10日前のコムケの朝です

共和橋からです

まだこんなに凍っていました

どのくらい解けたかな

 

今朝の新聞に空知地方でタンチョウが1羽越冬したと伝えていました

研究者のコメントも出ていましたが、すごいことですよー

私はコムケ地区でのタンチョウ越冬モデルを考えているのですが

いつかそれに向けて活動できることがあるのかなあー

 

DATE

 


いつも間違う

19/03/12

昨夜からの降雪は各地で15〜20cmくらいでしょうか

湿った重たい雪ですが、風は今はさほど強くはありません

久しぶりの「彼岸荒れ」なのかな?もう何年も今頃に猛吹雪はなかったような?

一晩に50cm超の積雪もありましたから、随分と自然はやさしくなったものです

 

昨年大量に漂着した流木を海岸のあちこちに積み上げているのですが

そこはワシにとっては絶好の止まり場です

ここで海を見ていて食べ物を探しているのです

見るほうにしても見つけやすいのですが、一つ問題があります

写真右端の枝に何か絡まったような処が遠くから見るとワシに見えてしまうのです

分っている筈なんですけど、毎回間違えるのです

・・・全くどうしようもない

 

まあここに限らずいつもいつも見間違う処が何か所もあるのでした

 

DATE

 


| 1/470PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM